利用する際の金利に注意せよ

即日カードローンの業者を選択する際、お金を借入する借入金利はとても重要な項目です。

かつて消費者金融業者が高利貸しと呼ばれていた時代、年利30%近い金額の金利を取っていた時代があります。具体的に年利30%と言いますと、1万円を借りるとそれに付く金利は1日8円になります。

例えば50万円を借入して35日後に返済した場合、1日当たり付く金利は400円です。

それが35日間分発生する事になりますので、金利だけで14000円にもなります。毎月2万円を返済しようとしても、金利分で14000円も取られたら、元金に充当できる金額はたったの6千円ほどで、元金はなかなか減りません。これが多重債務者を社会に量産してきた結果です。

しかし現在は即日カードローンを組む際の消費者金融側で定めている金利は、18%前後とかなり下がりました。

しかしそれでもまだ金利水準は高く、銀行系カードローンで18%から13%、信販系クレジットで15%から3%前後、ネット銀行系カードローンだと10%から2%台までの金利で貸付しています。初めて即日カードローンを利用するのなら、まずは各社の金利水準を見定めた方が良さそうです。

そして自分でも支払いできそうな金利設定をしている金融業者を選択する必要があります。まだこれまでにどこのローン会社と貸付契約をしていないのであれば、まずは金利の低い金融業者を選ぶようにして、それでも無理な場合は、徐々に金利の高い金融業者へ妥協していけば良いのです。

いきなり高金利の金融業者を選択するととんでもなく損をすることになりますので、注意が必要です。