こんな人は申込すらできない

金融業者のチラシや街頭で配布しているティッシュには、誰でも申込可能といった表現が書かれている事がありますが、実はこの表現が、大変な誤解を招く表現であることに気付いている人は案外少ないようです。

即日カードローンには申込条件というものがあり、その条件をクリアしないと利用どころか申込すらできないのです。申込条件の第一は年齢が満20歳を超えている事と安定した収入がある事です。

年齢は法律で定められた契約行為が成立する年齢であり、安定した収入とは毎月決まった日に、決まった金額の収入がある事を指します。また居住地が日本国内である事も重要です。日本国内に居る人じゃないと連絡がつかなくなった時貸した側が困りますし、音信不通になるリスクを伴います。

つまり20歳以上で定職に就いた、日本国内に住んでいる人であることが即日カードローン申込の最低条件になるのです。また最近は反社会的勢力と決別する為に、これらの組織に所属する人に対しても申込の段階からお断りをされます。

即日カードローンは申込から利用までの時間が極めて短い事から、反社会的勢力に属しているかどうかの見極めが難しいように感じられますが、実は日本国内の貸金業者は、反社会的勢力に属している人達の名簿をしっかりと持っていますので、申込時の個人を特定する項目の組み合わせによって、簡単に反社会的勢力かどうかを調べる事ができます。

このように即実カードローンには申込すらできない人達がいる事を知り、自身がそれに該当していないかどうかを確認した上で申込する必要があります。