即日カードローン利用条件を確認

即実カードローンには申込条件があることはお話しましたが、ではもっと突っ込んだ話、つまり満20歳以上でも学生は良いか?またアルバイトでも大丈夫なのか?といった細部の話をしたいと思います。

まず満20歳以上の学生は可能かどうかですが、アルバイトなどの安定収入が確保されているのであれば、学生でも申し込みは可能です。

しかし収入のない学生だとこの条件から外れますので、申し込みはできません。また安定した収入はあるが、パートタイマーの主婦や、アルバイト生活で生計を立てているフリーターではどうかといいますと、これも安定した収入であることが在籍確認などで確認が取れれば、申込は可能です。

では単発バイトや芸能で生計を立てている人ならどうかというと、これは難しくなります。つまり単発バイトや芸能業というものが、毎月の収入に変動が起きやすく安定した収入と見做されない可能性があるのです。

即日カードローンは、一度借入をすると毎月分割で返済していかなくてはならず、収入に変動がある人は、貸し手からしてみるとリスクを持った顧客になる可能性があるのです。

では、自分自身は働いていないが不動産収入などの不労所得で生活している人はどうかといいますと、これも不動産収入が安定収入と見做されますので、申込は可能です。

ただし在籍確認の際に不動産所得の証明、つまり確定申告の控えを徴求されますので、予め準備しておく必要があります。

このように申込条件を細分化すると、申込条件は満たしていても、申込出来ない人が案外いるもので、申込時に事前にプロミス 京都で確認しておく必要があります。

こんな人は申込すらできない

金融業者のチラシや街頭で配布しているティッシュには、誰でも申込可能といった表現が書かれている事がありますが、実はこの表現が、大変な誤解を招く表現であることに気付いている人は案外少ないようです。

即日カードローンには申込条件というものがあり、その条件をクリアしないと利用どころか申込すらできないのです。申込条件の第一は年齢が満20歳を超えている事と安定した収入がある事です。

年齢は法律で定められた契約行為が成立する年齢であり、安定した収入とは毎月決まった日に、決まった金額の収入がある事を指します。また居住地が日本国内である事も重要です。日本国内に居る人じゃないと連絡がつかなくなった時貸した側が困りますし、音信不通になるリスクを伴います。

つまり20歳以上で定職に就いた、日本国内に住んでいる人であることが即日カードローン申込の最低条件になるのです。また最近は反社会的勢力と決別する為に、これらの組織に所属する人に対しても申込の段階からお断りをされます。

即日カードローンは申込から利用までの時間が極めて短い事から、反社会的勢力に属しているかどうかの見極めが難しいように感じられますが、実は日本国内の貸金業者は、反社会的勢力に属している人達の名簿をしっかりと持っていますので、申込時の個人を特定する項目の組み合わせによって、簡単に反社会的勢力かどうかを調べる事ができます。

このように即実カードローンには申込すらできない人達がいる事を知り、自身がそれに該当していないかどうかを確認した上で申込する必要があります。

即日カードローンの審査の裏

お金を無担保、無保証人で借入する時に必要なものは申込する人の社会的信用のみです。

つまりこれまでにあらゆるローン契約で滞納や破産といった事故情報が無いかをチェックされます。

即日カードローンにおいても、無論これらの信用情報がチェックされる対象となりますが、日によっては即日カードローンが即日利用することが出来ない場合があります。

それは申込した日が土日だった場合です。実は毎週土曜日日曜日は、ローン会社が取得する個人信用情報機関が定休日である事から、新規申込を受ける審査部も休みになります。

そのため、土日に申込をした場合、審査結果が判明するのは翌営業日になるのです。

この時点で即日カードローンの条件から外れてしまうことになりますが、それが実情なのです。それ以外にも深夜にネットで申込んだ場合も審査結果の連絡は、審査部が開いてからの返答となりますので、深夜に審査結果連絡はしません。

よく即日利用できないのはおかしいとクレームを付ける方がいますが、確かにそう言いたくなる気持ちもわかりますが、いくら即日カードローンとはいえ、審査結果が出ないとローンカードも作成する事ができません。もし土日や深夜の申込されたのであれば少々結果を待つ必要があります

。融資を受けられるか否かのカギを握る個人信用情報機関の営業日は、あくまで平日であり、仮に土日の申し込みをしたとしても土日の結果連絡の返答がないと認識しておく必要があります。

利用する際の金利に注意せよ

即日カードローンの業者を選択する際、お金を借入する借入金利はとても重要な項目です。

かつて消費者金融業者が高利貸しと呼ばれていた時代、年利30%近い金額の金利を取っていた時代があります。具体的に年利30%と言いますと、1万円を借りるとそれに付く金利は1日8円になります。

例えば50万円を借入して35日後に返済した場合、1日当たり付く金利は400円です。

それが35日間分発生する事になりますので、金利だけで14000円にもなります。毎月2万円を返済しようとしても、金利分で14000円も取られたら、元金に充当できる金額はたったの6千円ほどで、元金はなかなか減りません。これが多重債務者を社会に量産してきた結果です。

しかし現在は即日カードローンを組む際の消費者金融側で定めている金利は、18%前後とかなり下がりました。

しかしそれでもまだ金利水準は高く、銀行系カードローンで18%から13%、信販系クレジットで15%から3%前後、ネット銀行系カードローンだと10%から2%台までの金利で貸付しています。初めて即日カードローンを利用するのなら、まずは各社の金利水準を見定めた方が良さそうです。

そして自分でも支払いできそうな金利設定をしている金融業者を選択する必要があります。まだこれまでにどこのローン会社と貸付契約をしていないのであれば、まずは金利の低い金融業者を選ぶようにして、それでも無理な場合は、徐々に金利の高い金融業者へ妥協していけば良いのです。

いきなり高金利の金融業者を選択するととんでもなく損をすることになりますので、注意が必要です。

金利がお得な即日カードローン

即日カードローンの代名詞というと、消費者金融や銀行系カードローンがメインと思われがちですが、実は最近密かに話題の即日カードローンに、信販系クレジットやネット銀行系カードローンがあります。

共に即日カードローンを提供している業者でありますが、対面式の申込でもない両業者がなぜ即日カードローンブランドで参入することができるのでしょうか。実はこれにはちょっとしたトリックがあります。例えば今日突然、まとまったお金が必要になったとします。

そしてネットで即日カードローンを検索すると、いくつかの信販系クレジットやネット銀行の検索結果がヒットするはずです。そしてこのいずれかで新規の申し込みをネット上で行い、審査が終わり希望額で与信枠が設定されたとします。

すると急ぎでまとまったお金が必要なお客さんには、必要なだけの金額を指定の銀行口座宛に、当日振込融資にて対応してくれます。そしてローンカードは後日郵送で送られる仕組みです。

つまりカードは手元にはないけど、即日融資してもらうことで自身の普段使っているキャッシュカードで引き出しすることが出来るのです。

その上、ネット銀行や信販系クレジットの多くは、無店舗で無人で営業していますので、人件費がかからないため、フリーの即日カードローンでも金利が大幅に低いのが特徴です。

また自宅に居ながら、またちょっとした移動時間にスマートフォンひとつあれば、その場で即時に申込することが出来る利便性もウケにウケたことで、ここ数年急激に業績を伸ばしているのです。

目的別の即日カードローン

もしこれから使用目的が明確に定まっている前提で、即日カードローンを申込するのであれば、目的別即日カードローンを利用された方が、通常のフリーローンに比べかなりお得に利用できます。

目的別の即日カードローンとは、例えばクルマの購入費用や家族旅行、また冠婚葬祭といったしっかりとした利用目的が定まっている人向けのカードローンで、審査を経た上で即日申込することができます。

予め利用用途が決まっている事から、用途自由の一般フリーローンに比べ金利が格段に安く設定されているのが特徴です。

用途自由のフリーローンの場合、消費者金融の金利で年利18%前後取られるものが、目的が仮に車の購入であった場合、銀行の即日カードローンの場合3%前後で融資を受けることができます。もちろん事前審査あった上での利用となりますので、審査次第では希望に沿えられない事もあります。

しかしこれだけ金利が低いのなら申し込まない手はありません。車のディーラーでも4%前後の金利は取りますので、それよりも低い金利なのであれば申し込んで利用した方が月々の返済は楽になります。また車の購入以外にも冠婚葬祭の即日カードローンも見逃せません。

銀行系カードローンの場合、冠婚葬祭カードローンの金利は、5%から7%前後で利用できますので、消費者金融で用立てるよりも格段に金利負担が安くなります。身内の不幸はある日突然やってくるもので、そんな時、即日申込で即発行の即日カードローンなら、イザという時のためにきっと役立ってくれるはずです。

リッチ気分の即日カードローン

最近の即日カードローンはカードデザインが非常に凝ったものが増えてきました。

昔から消費者金融のローンカードは金色だったり、カードに書かれている社名の書体が明朝体であるなど、硬派でカードホルダーのステータスをくすぐるようなデザインが多かったわけですが、最近は銀行系カードを中心にその方針をオマージュしたカードデザインが増えてきました。

特に銀行系カードローンの場合は、カードデザインに銀行名が入りますし、またローンカード機能付きのクレジットカードであれば、色は金色や黒色が多いため、店舗での決済に提示しても、それがローンカードであることはまずわかりません。

つまりステータス性の強いクレジットカードで決済しているような感覚になるのです。社会一般でのステータスカードの破壊力は並外れたものです。例えばカードの色がゴールドというだけで、割引特典がある場合、または飲食店ではドリンク1杯が無料になる事もあります。

通常ステータス性の強いクレジットカードを申込む際には、申込の条件もハードルも高いことから、特別なお客様というイメージを持たれています。

しかしクレジットカード機能付きのローンカードを店舗で提示することで、店員はステータスクラスのお客さんと思いこむのです。

こちら側は特に特別な審査を受けたわけでもありませんし、特別に高額な年会費を支払っている訳でもありません。それなのにカードの色がゴールドというだけで、様々な優遇特典を受けることが出来る場合が即日カードローンにはあるのです。

他社借換えにも利用可能

即日カードローンのもう一つのメリットとして、他社からの借換えに使うことで借入金利を大幅に抑制することができます。

カードローンの金利は借入先によって大きく変動し、年利18%近く取るところもあれば、年利3%で設定しているところもあり、その差は10%を超えます。もし今現在高い金利のカードローンを使っているのであれば、安い金利のカードローンに切り替えることで、月々の返済が楽になります。

なぜなら金利が下がった事でより完済までの期間が短くなるからです。完済までの期間が短くなれば、月々の返済速度も目に見えて早まります。

人気のあるカードローンの多くは大変低金利で利用することができるため、お客さんを多く集めることができますが、それと同じくらい多くの借換え客のニーズにも対応しているのです。

特に最近はネット系銀行や信販系のカードローンが大変人気です。これらの低金利ローンの特徴として、ネットのみで顧客を集めているため、実際の物理的な店舗が要らず、また店頭が存在しない事から社員を置く必要もないのです。

それによって、大幅なレーバーコストが削減でき、それが低金利ローンを実現させているのです。物理的な店舗を持った消費者金融や、銀行ではなかなかそこまで低金利でビジネスはできません。それ以外にも昨今、様々な業種が低金利ローンに参入してきており、金利競争は留まるところを知りません。

低金利で利用したい側としては各社の金利競争は歓迎すべき事ですし、他社借換えの大きなメリットがここにあるのです。

手軽に申込み即日カードローン

申込をして即日利用する事のできる即日カードローンは、かつて消費者金融の独壇場だったものが、今では銀行系の即日カードローンや、クレジット系の即日カードローンなどあらゆる業種が参入しており、かつての暴利な高利貸しのイメージとかけ離れた、新業態に生まれ変わりました。

そんな手軽に申し込める即日カードローンのメリットは、挙げだすとキリがないわけですが、一番大きなメリットとしては、人々のイザに迅速対応できるという事が一番の強みなのではないでしょうか。

例えば給料日前によくある突然の接待、または取引先との大事な会食の際に財布の中には手持ち現金が無いといった時、予めローンカードを財布の中に一枚忍ばせておけば、社会人のイザという場面を救ってもらうことができます。

また仮にカードローンを申し込んでいなくても、急に必要になった現金の調達方法として、ネットや電話で簡単に申込ができ、また必要な現金を即時に指定口座に振り込んでもらう事も出来るため、利用用途はかなり高いものとなります。

不思議なものでお金というのは、ない時に限って必要になるもので、そんなハプニング場面も、金銭面でしっかりとサポートしてくれるのがカードローンなのです。

かつては店頭窓口でしか申込することが出来なかったカードローンも今はネットで簡単に申込することができます。そして早ければ当日融資で急場をしのぐことができるのです。使用するかしないかは別として、財布に1枚あると安心なカードであることは間違えありません。